THE COLLECTION ARTAUD  :: Record Label Based In Berlin Germany
- PROFILE

Electronic musician. Debuted from German Mille Plateaux. Released albums from Japanese labels mAtter and Signal Dada later. The music video "Mimic" has been selected, nominated and screened at various international festivals. Recently commissioned for archives of installations by contemporary artist Chiharu Shiota and architect Asif Khan. In addition, created tailored music for fashion brand Viviano Sue’s shows.

電子音楽家。独Mille Plateauxよりデビューアルバムを発表。その後国内に拠点を置くmAtterやSignal Dadaより作品をリリース。ミュージックビデオ”Mimic”は世界各国のフェスティバルで選出、ノミネート、上映され続けることとなる 。近年では現代美術家の塩田千春、建築家のAsif Khanのインスタレーション記録映像に楽曲提供、ファッションブランドViviano Sueのショー用音楽の制作も行う。ヴェネチアビエンナーレ2019にて上映されるJeremiah Mosese監督作品のサウンドトラックを担当予定。


- WORD

"Miyashita plays Jekyll and Hyde" - Bleep  

"While the glitch pioneers tended to favour a stripped down minimalism, Miyashita takes advantage of advances in processing power to create maximalist symphonies of jittery orchestral samples, granular synthesis and dense textural wash. --- his complex creations are well crafted and worth checking." - Cyclic Defrost  

"Esoteric excursion" - Igloo Magazine  

"A jarring mix of ethereal soundscapes and abrasive noise." - The Quietus  

"Yu Miyashita's music hits you like a wave, in which each droplet of water is replaced by a string of digitized code. When first hit, it is impossible to decipher anything but raw emotion and sound, such is the seemingly impenetrable structure of it, resplendent in white noise mutated by the human hand." - Silent Ballet  

"Haunting the listener in short bursts of deathly hymns." - Stray Landings

"「音楽は言葉に出来ない」という文句はドイツロマン派の詩人が言い出した事らしいが、"言葉"が"意味"を意味するものだとするならば、意味としての楽音具体音や、その構成の歴史的背景を記述する事は可能だったかもしれないし、主観的だとしか思えない曲想に対しても、今や(イデアルな)複数の標語が存在している。現在に於いては音楽を言葉にする事は、それをそのままトレースしたものではないにせよ、不可能な事では無いようである。 この作品 Yu Miyashita "An Arc" は、目紛しく動く音像や切断が繰り返される音響に注目するのならば、ある音を録音加工再構成しそこに新しい意味や響きを見出す、具体音楽から連なる歴史の影響を感じられるだろうし、その意味の衝突や重層に、単なる羅列では済まされないある曲想を見出す事も出来るのかもしれない。 しかしながら、これはラップトップミュージックのある到達点であると思うのだが、波形としてしか実在しない、あまりに抽象的な音の連続は、その背後に隠れる"意味"を見出す事を敢えて拒み、即ち"意味"からの逃走を繰り返し続けているように聴こえるし、そしてその響きは複数の層となりながらも、単一の平面を持ちえず、多面体として、時として複数化しながら、しかし連続を保ちながら、響き続けている。その様は名指されるような、既成の曲想へと回収されるのを拒んでさえいるようでもある。 なのでここに、残念ながら、私が何かを書き付ける事がこの作品に対して何らかの位置を占める事すら出来ないだろうし、修辞による漸近線すら描けないように思える。幾度となくこの音源を聴いて解ったのは、この音楽は決して音色や位相に関して言及する事で片付けられるようなものではない、という事くらいだった…。 "ある弧"と名づけられたこの作品は、その名の通り、決して全体を把握する事のできない巨大な音楽という"円"の確実な、しかし不定の、"弧"として存在しているようである。" - Kosuke Numakura
 
"自然と涙が出た。振動無くして伝わる音など無い。彼の音楽には、肉体と精神を揺るがす振動と、崩れ逝く世界が置き去りにした情緒が確かに残っている。” - Shohei Tsuda
 
"崩壊する新建築に映える高度な物理現象とグリッチやらの歴史的背景からまるで脱臼したかのように旧プラトー形式の理論を無視した音楽構造。マス、アート、近年のネットコミュニティを中心としたポストカルチャー、そして彼の制作活動すべてに生じる大きな差異ひとつひとつこそが Yu Miyashita のオルタナティヴモデルたる所以であり、そしてそれが人を魅了する大きな理由でもある様に思える。今後もその構造領域の拡大が楽しみなアーティスト。" - shotahirama

 
- LIVE PERFORMANCE

[A/V] YU MIYASHITA + ARATA MORI /// JANOSHI, ausland, Berlin, DE, 31 Mar 2018
[Live] Nonlinear-nauts [exp.003] - Yu Miyashita "Homage" Release Party, Solfa, Tokyo, JP, 15 Nov 2015
[A/V] Beyond Code (w/ Akihiro Kubota), Super Deluxe, Tokyo, JP, 26 Aug 2015
[DJ] OFFLINE | Timeline Bending, Miyamasuzaka Studio, Tokyo, JP, 19 Sep 2015
[A/V] Grind Analysts by Yaporigami「分析粉砕」上演 - 宮下悠と鍵となる個々での, Dommune, Tokyo, JP, 13 Aug 2015
[A/V] Projected Scape, Seminar House, Tokyo, JP, 14 Oct 2012
[Live] SIGNALDADA presents MESS SURROUND, Super Deluxe, Tokyo, JP, 02 Mar 2012
[Live] Minus_2, Shangri-la, Osaka, JP, 19 Feb 2012
[Live] Arktyp Exclusive Live Show (as Signal Arrow), Secret Venue, Fukuoka, JP, 30 Jan 2012
[Live] The Silence Was Warm Afternoon vol.2 (as shotahirama+Yu Miyashita), heavysick Zero, Tokyo, JP, 22 Jan 2012
[A/V] Mille Plateaux / Force Inc. Release Party, Chez Jacki, Berlin, DE, 02 Nov 2011
[Live] mAtter presents "dance alone", Super Deluxe, Tokyo, JP, 04 Mar 2011
[Live] The Freebutt Presents: Ben Frost + Support, The Freebut, Brighton, UK, 01 Jun 2010
[Live] Sonic Art / Brighton Fringe Festival, Blank Gallery, Brighton, UK, 02 May 2009
   

- SCREENING

Northwest Animation Festival, Portland, US, 2014
Berlin Independent Film Festival, Berlin, DE, 2014
Ciclope International Advertising Craft Festival, Berlin, DE, 2013
The Others Fair, Turin, IT, 2013
Tripoteca Film Festival, Bucharest, RO, 2013
International Film Festival of Cinematic Arts (Official Selection), Los Angeles, US, 2013
Ars Electronica Animation Festival, Linz, AT, 2013
Saatch New Directors Showcase 2013 at Cannes International Festival of Creativity, Cannes, FR, 2013
Los Angeles Movie Awards (Honorary Mention), Los Angeles, US, 2013
Melbourne International Animation Festival, Melbourne, AU, 2013
Athens Video Art Festival, Athens, GR, 2013
Aarhus International Film Festival, Aarhus, DK, 2012
CINETORO International Film Festival, Cali, CO, 2012
SIGGRAPH Asia Computer Animation Festival, SG, 2012
ArtFutura, Montevideo, UY, 2012
Pause Festival, Melbourne, AU, 2012
Ottawa International Animation Festival, Ottawa, CA, 2012
BUG Music Videos at BFI, London, UK, 2012
Supertoon International Animation Festival, Bol, HR, 2012
 

- TALK

OFFLINE | Timeline Bending, Miyamasuzaka Studio, Tokyo, JP, 19 Sep 2015
Grind Analysts by Yaporigami「分析粉砕」対話 - 宮下悠と鍵となる個々との, Dommune, Tokyo, JP, 13 Aug 2015


- PRESS

"Infinity" Is An Audio-Visual Concoction That Will Shake Your Senses, The Creators Project, English, 2014
電光石火の破壊! 猛スピードで動き、壊れていくYu Miyashitaの暴力的なノイズMV「Mimic」, white-screen, JP, Japanese, 2012
Mimic Is A Series Of Ultra-fast Visual And Sonic Eruptions, The Creators Project, English, 2012
 

- INTERVIEW 

0021 // YU MIYASHITA / YAPORIGAMI, Interview by Stray Landings, UK, English, 2013
CONNECT, Directed by ARK TYP, JP, Japanese, 2012  
 

- MEDIA

受中国美院邀请二度来华演出的 Yu Miyashita / Yaporigami 是怎样的电子音乐人?, Zhihu, CN, Chinese, 2018
Yu Miyashita / Yaporigami が選ぶ2015年ベストアルバム10枚, Oremedia, JP, 2015
Yu Miyashitaが選ぶ「日本に眠るエメラルド色の金剛石」, Focussound, JP, Japanese, 2015
talkinGIG ver.02 (talk session w/ shotahirama), Directed by ARK TYP, JP, Japanese, 2012    
(C) 2017-2019 THE COLLECTION ARTAUD, All Rights Reserved.